私達のまわりにいる なんだかキラキラ輝いている女性たち。夢や目標を持って頑張っている女性たちは、私達に勇気とパワーを与えてくれます。そんな女性たちからキラキラ輝く秘訣を盗んじゃいましょう!


第8回目は、からだの動きを通して自分を知る訓練法「フェルデンクライスメソッド」の講師として活躍、上山幸恵さん。

【プロフィール】
看護師/保健師として、神戸市立中央市民病院の集中治療室での勤務や各区の保健福祉部にて、健康づくり、子育て支援、介護予防などに携わったのち、フェルデンクライスメソッドとの出会いを通じて、指導者としてフリーの道を歩む。
現在は、グループレッスン講師として神戸地区をベースに活躍。

 *フェルデンクライスメソッド ATM(グループレッスン)講師
 *看護師
 *保健師
 *健康運動指導士

ブログhttp://eco-myself.cocolog-nifty.com/


上山幸恵さん



基本的に和室でのレッスンが多いです。これは「運動」とは違うのでハードではありませんよ。











レッスンスタンプカードも作りました。5個たまるごとに次回から使える2000円券を進呈。











レッスンで使用する毛布たち。いろんな動物といっしょにレッスンしているみたいでしょ。











前の職場でいただいた手作りマグネット。毎朝玄関から見送ってくれます











お茶の時間は、おかあちゃん手作りのケーキとタンポポコーヒーが定番です。おいしいの〜。













上山さんが教えるフェルデンクライスメソッド教室を体験してきました。

体験レポートは後日アップしますのでお楽しみに!
フェルデンクライスメソッドについて調べたい方は・・・
日本フェルデンクライス協会公式HP
http://j-felden.org/
■聞きなれない、フェルデンクライスメソッド。
上山さんとこのメソッドとの出会いはなんだったのでしょうか。


フェルデンクライスメソッドには、健康運動指導士の資格取得のために受けていた講習で出会いました。
今から3年ほど前のことです。

看護師として、深刻な医療現場にいましたので、心身ともに疲れ切っていたんですね。
保健師になってからも笑顔をつくっていたかもしれません。
自分は体をカチンコチンにして呼吸を止めてたのに気づかずにどんどん肩こりや頭痛がひどくなっていきました。

講習を受けてからしばらくして、ふとしたきっかけでもう一度「フェルデンクライスメソッド」を目にし、「健康運動指導士の仕事に」というよりもむしろ、自分の体にすっごく良かった・適していたから「深く知ってみたいな」と思って、教室を探し始めました。それも「指導者養成」コース(笑)

というのは、やはり質の高いレッスンを受けるには「養成コース」しかないなと。(笑)

■現在は神戸市を中心に教室をもたれているとか。


そうですね。
今年(07年)の春から会場を借りて、指導を始めました。

今はまだ駆け出しの指導者ですので、
回数は少ないですよ(笑)
月単位で言うと、
 コープカルチャー神戸西で、2レッスン
 三宮の神戸市勤労会館で、4レッスン
 明石生涯学習センターで、3レッスン

これくらいです。ははは。
これで食べていくにはまだまだ!修行が必要ですね(笑)

■簡単に1日のスケジュールを教えてください。


お披露目できるような、たいした生活スケジュールではないんです。
その日によってバラバラですから・・・

7:00 起床
(ベランダから景色を眺めたりお茶を飲んで少しぼーっとする)
7:20〜 朝食(今日のスケジュールを確認
8:30〜 お茶がらで玄関を掃く、洗濯、拭き掃除
洗濯物だけでなく、布団、コタツ布団、座布団、クッションなどぜ〜んぶ干す
その間に、昼食の準備(マカロニサラダ、大根を煮る、肉味噌づくり、味噌汁)などなど
11:00〜13:00 フェルデンクライス仲間と勉強会
近況報告、疑問点の確認など
13:00〜 こたつで昼食。なかなかおいしくできた☆
14:00〜15:30 グループレッスン、個人レッスンの学習
15:30〜 夜のレッスン準備をして出発
18:30〜20:30 神戸市勤労会館にてレッスン
21:30 帰宅、軽食をとってくつろぐ
24:00 入浴後、就寝

そのほか、バリエーションとしては・・・
レッスン後、友だちとお昼を一緒に食べて、午後から陶芸教室へ行ったり、な〜んにも予定がない日は、朝レッスンを録音したり、それに合わせて自分でからだを動かしたり、なつかしい友達に手紙を書いたり、スケッチブックに落書きしたり・・・(笑)

そうそう、絵本の講座にも行ってるんですよ。

でも・・・・・起きたい時間に起きて、レッスンのテープを聴きながら寝てしまっていたりの日もありますけど。
■「自分のからだの声を聞く」というこのメソッドですが、上山さんが自然体でいられるために心がけていらっしゃることはありますか

まずは、自分がおだやかでいられるようにその空間を居心地よくすること。

そして、なりたい未来をちゃんと描いて、そのための時間を使うこと。

食べたもの、一緒にいた人、まわりの環境で今のわたしができている。

だから心や体が喜ぶものをちゃんと選んで、これからのわたしの素をつくっていく。

こんなことを考えています。
ゆったりとした時間の中で、出会った人やものを大事にしながら、自分の感性に素直に生きていけたらいいですよねぇ。


私には「いい人が寄ってきてくれる不思議な力」が備わっていると本当に思っています。これって本当にあるんだそうですよ。

■上山さんご自身の生活がそのままメソッドにつながっているような気がします。
これをみんなに伝えられたらいいですよね。


そーなんです!

私はフェルデンクライスメソッドに出会って、人生が面白いほうへ向かっています。

 がんばらなくていい
 疲れたら休む
 プロセスが大切
 まず自分を大事に
 楽しんで

「これだけを守れば、それで体も心も楽になる」ということを知って
なんてすごいものなの〜!と思ったんです。
そして。
自分にとてもよかったものを、伝える人になりたいと思いました。

伝えるために、公務員をやめました。
お金のために働くのをやめたんです。
そして、「どんなことが好きかなあ」と心のままに過ごしました。

だけど、お金が思ったよりどんどん減っていって、ある日「働かなくっちゃ!」と気づきました。
そのときに、このメソッドに出会っていたから、「苦手だな・・・」と思っていた仕事も、
「いやいや結構楽しい!勧められることもしてみよう!」に変わっていきました。

でも、やりたいこととは違うことに自分のカラダが使われている毎日。
とてもあせり、イライラがつのりました。

そして、少しずつ仕事を手放して・・・
今年からフェルデンクライスメソッドを教えはじめました。

こんな経験をしてきたからこそ
「自分で自分の体を整えるって気持ちいい〜!」を伝えたいんです。


■最後にこれからの夢や目標をぜひお聞かせください


どんなきっかけでも、フェルデンクライスメソッドの扉をたたいた人が
「痛みがなくなってきた、なんだか気持ちいい〜」と感じられるように。

さらに
「わたしにも何かできそう、やってみようかな」と未来にワクワクし
「楽しんでたらできちゃった!他にもできるかも」 と意欲がわいてくるように。

私の考えるフェルデンクライスメソッド発展イメージは。

自然に笑顔になる
  ⇒まわりの人もほんわかした気持ちになる
     ⇒幸せな人が増えて暮らしやすくなる
       ⇒関西の未来が明るくなる 
         ⇒日本の将来がよくなる
           ⇒世界が平和になる

こんなイメージを描きながら、ずっとフェルデンクライスメソッドに関わって暮らしていきたいですね。

【編集後記】
上山さんに出会って、初めて聞いた「フェルデンクライスメソッド」という言葉。
調べれば調べるほど、健康法なのかメンタルケアなのかなんだか分からなくなっていました。

お話を聞いて、体験をしたのちにふと思いました。
このメソッドを健康法として学ぶも、メンタル部分のために学ぶも、それは参加する人の気持ちがすべて。
確かに1回ではなかなか分からないかもしれませんが、上山さんのお話を聞くと、肩の力を抜いて自分が思うままに行動できるようになる。
そんな気がします。

フリーランスで活躍される方に共通する「行動力」。
上山さんの行動力はまたすごいものがありました。
さらに、人を惹きつける自然体の「会話力」。初めてお会いしたのに、すぐにココロまで打ち解けて、何でも話したくなってしまう。
そしてなんでも聞いてもらえるんだなと思ってしまう、不思議な力。

上山さんのフェルデンクライスメソッド、出張レッスンも受け付けています。
オフィスで、地域のサークルで、ママ友たちで、受けてみたいなーと思われた方は、お気軽にこちらまでご連絡ください。

 

korekarakirekara 食べる 動く 着る ヨガ ショッピング